子どもにスマホを持たせるタイミング

子どもを育てている親にとって、子どもにスマホを持たせるタイミングは悩ましい問題です。同級生がスマホを持ち始めると、どうしても同じように持ちたがってしまいますが、スマホを持つのがあまりに早すぎると、一般的に認識されれているようなスマホの悪影響を受けてしまいます。

ここでいう「スマホの悪影響」とは、悪意のある誘導によってアダルトサイトに接続してしまう、フィッシング詐欺に引っかかってしまう、ゲームに熱中するあまり高額な課金アイテムを購入してしまう、などです。

一つの考え方としては、中学校1年生になったタイミングでスマホを持たせたいところです。というのも、小学校の段階でスマホを持ってしまうと、精神的に未成熟な子どもにとっては、上記の悪影響を受ける可能性が高いからです。

この点、中学生になれば、比較的精神的にも成熟してくることや、周りの友人たちも小学生の頃に比べると大人になっていますので、上記の悪影響を受ける可能性が大きく下がるからです。

参考サイト→簡単スマホ比較ガイド

とはいえ、中学生、高校生の段階では、スマホに熱中するよりも学業を優先すべきですから、「そもそもスマホを持たせない」という教育方針もあり得るところです。

結局のところ、両親でしっかり相談し、かつ、子ども自身にも希望を聞いた上で、それぞれの子どもにとってベストなタイミングでスマホを持たせることが、子どもにとって最も良いでしょう。